恋愛せずにさびて

オレンジ色の水が出る蛇口。
庭の芝生に水を撒くためのホースをつなぐ蛇口だけどね。
見事なオレンジ色の水が出るんで、見るだけでうっとりしました。
ええ、恋愛せずにさびてたんです。錆色ですね、綺麗な。でも飲みたくて、もしかしてもしかしたらオレンジの味がするんじゃないかとよだれ垂らしてました。しかしあんな水巻かれて青々としていたうちの芝生はいったい。

そういや静岡にはお茶の出る蛇口があるってのは
ほんとだっけ、都市伝説だっけ?

わたしは、見るだけで味わえるご馳走は何でも味わえる子供だったんで
雨の日なんかはすごく楽しく学校に行けてました☆
舗装されていない道路に広がる茶色の水たまりは、どうみてもコーヒー牛乳ハート
雨上がりのぐちゃぐちゃの道は、溶けたチョコレート キスマーク
水はけの悪い公園の雑木林の下一面に広がる水たまりはもう、水たまりというより湖で
わたしは、湖から生えてきた緑の木々の中に住む妖精。
ここに足を踏み入れると、足の下の空に落下してゆく、そして本来の世界へ!

などと楽しく空想しながら長靴を越える水たまりに入り込み、広がる波紋に見とれ、ついでに物語に入り込んで
夕方はぐしょぐしょのぼろぼろになって帰宅して雷を食らい……


ポンジュースの話からずれてしまった。
いや、舗装路は子どもから夢を奪いますね。 水たまりで遊べた子供時代に感謝クローバー

大人になっても物語から離れられない作話症・作画症(?)は続く。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

出会い仙人

Author:出会い仙人
いつでも出会いを求めることが大事なのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示