二分法

私は、世界的な理屈を云々する事に全く気が向かないから、もうガノタじゃない。

ガノタは、萌えが大嫌いである。萌えとは、言って見れば、学園的な理想(空想)の世界への逃避であり、ここに何ら精悍さが無いからである。が、萌えが流行るのは、仕方がない。20代30代で(萌えるヲタクの上限は、今の30代か)生身の世界で同年代の女と恋愛をしようものなら、結婚と言う、現実的に実現不可能なオプションが付く訳であり、損得計算をしたら、三次元の女を相手にするより、二次元の女の子を相手にする方が、合理的である。精神的にマッチョなガノタにとり、二次元萌えは、現実逃避に見える訳である。

が、ガノタ的なストイシズム(厳粛主義)・理想主義が通用する訳でもないのが今の時代であり、今の時代、若い世代向けのガンダムのあり方には議論の余地がある。勿論、一般論として、また、現在30代である私自身の本音として、40代50代になっても萌え続ける訳には行かない(萌えつきて、白色矮星になる)訳であり、三次元の代用品として二次元があるとうそぶく訳にも行かない。

ああ、話がまとまらない。とにかく、言いたい事。私はガノタではない。また、私は萌えに普遍性も見出せない。
スポンサーサイト
[PR]

プロフィール

出会い仙人

Author:出会い仙人
いつでも出会いを求めることが大事なのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示