恋愛にせんねん

むか~し。昔。


おじいさんとおばあさんがいました。


それと、ヤン坊とマー坊が隣にいましたが、、、


注文した『麻婆と炒飯の定食』にはラーメンは付きませんでした。


そんな事とはつゆ知らず、、、


桃太郎は出発してしまいました。


キビ団子は忘れるし、大体何をしに何処へ向かったやら、、、

あまりに見かねたウサギとカメが追い掛けましたが、ウサギは餅つきをしに月に、カメは途中で子供達のイジメに合う始末。


そこに通り掛かったクマが云う事にゃ、、、


『ハチミツ大~好きだろぉ~。』と赤色のベスト一枚を着て微妙に違っている一言。


「うわぁ~。」とドン引きの子供達から逃れたカメは、黄色いクマを乗せて海中の何だか怪しい『クラブ不夜城』へ、、、


そこでは鯛やヒラメが舞い降りる中、お尻を出したカツオが「サ~ザ~エ~。」と言ってオドケていた。


当然、酸欠で気を失っている黄色のクマ、、、


「恋愛にせんねん。せんねん。」と鳴く鶴に助けられる。


クマは「ありがとう。」とお礼をするが、鶴は「せんねん。せんねん。」と鳴き続ける、、、
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

出会い仙人

Author:出会い仙人
いつでも出会いを求めることが大事なのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示