映画化の恋愛

岡崎京子さんの「ヘルタースケルター」を映画化、らしい
昔、人に勧められてこの漫画読んだ記憶があるのですが
これを恋愛も映画化ということらしい。
公式サイトはここ
予告編が出てくるのですが
主役をやっている沢尻さんは
ニュースの主役でしか知らないのですが、
桃井さんがすごい迫力ですね。
まあ、こんな感じにしか、映画化と言うとできないかな、という感想は持ちまし
た。
しかしこの漫画後味悪いから、
映画はどうですかねえ。
最近、東電OLの事件にインスパイアされた映画
「恋の罪」などもあるのですが
(公式サイトはここ
http://www.koi-tumi.com/index.html)
世の中、加速度的に異常なものへ、映画の世界が近づいている気がします。
犯罪は異常な部分をかなり持っております。それを映画化するというのも今のす
う勢なんでしょう。
そして、岡崎さんの漫画を今回映画化するのもこの流れからして
ごく普通のことなんでしょう。
通常のロマンスはもう作っても顧客に受け入れられない時代になっているのかも
しれません。
大体が映画料金が高いので(若い人には、この料金を払う動機付けがないでしょ
う)
それを払わせるには、かなりの動機付けが必要なんでしょう。マーケティングの
プロたる
映画会社が作ったわけですから。
映画に出てくる恋愛の形はその時代の恋愛を表現していると思います。
すごい。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

出会い仙人

Author:出会い仙人
いつでも出会いを求めることが大事なのです。

検索フォーム
RSSリンクの表示